10年間停滞続きの定期預金金利

ここ10年間停滞つづきの定期預金金利

まずみなさんは今の預金金利をご存知ですか?銀行によっても多少の違いはありますが、普通預金は0.02~3%。これはもう金利目当てで預ける率ではないですよね。

では定期預金ならどうでしょうか。定期預金も普通預金と同じように、ここ二十年ほどは低迷を続けています。現在は銀行や種類によっても違いますが、せいぜい0.3~4%程度でしょう。100万円預けても年に3000円ほどしか金利がつかない計算になります。定期預金に全財産を預けておけば食べていけるというのは、夢物語ですね。

ですが、歳がばれてしまいそうですが。大口の定期預金で金利が8%という時代もありました。もし手元に一億円あれば、年間800万円の金利がついたんです。働かなくても金利だけで生活していけますね。そんな時代はおそらくもう到来しないでしょう。

この低金利時代では、利息を目当てに銀行に預金するという感覚はもうないですね。箪笥預金は不安だし、金を買ってもいちいち変動する価格に一喜一憂しなくてはいけない。やっぱり銀行に預金となるわけですね。

金利が低いのはどうしようもない。であれば同じ安心感を持ちながら少しでも預金金利の高いものを選ぼうかということになります。増やすのが目的であれば、株やFXなどもいいかもしれませんが、そういうのはちょっと苦手という方は、やっぱり定期預金になってしまいますね。昔は金利は高かったけれども、今はそれと引きかえに選択肢は広がっていると思います。

自分が最も便利に使えて、自分のライフスタイルに合ったものを選ぼうと思えば、インターネットで検索すればたくさんの情報を得る事も可能です。ネット専用の銀行もあります。店舗型と違って金利の面でも少し高く設定されているので根気よく楽しみながら探してみましょう。